• インストールの際には認証用USBドングルキーをPCに挿さないでください
  • お使いのウイルス検出ソフトによっては、インストーラーの動作を関知した際に注意喚起を発するものや、インストーラーの動作自体を強制的に阻害しエラーを誘発するものがございます。インストールの際には、必ず一旦ウイルス検出ソフトウエアの動作を一時停止するようお願いいたします。また、インストール後には忘れずに、ウイルス検出ソフトウエアの動作を開始するよう再設定してください。

まずインストールディスクをドライブにセットします

DVDドライブが必要です

自動再生が起動したら…

立ち上がったダイアログの中の「実行する」をクリックします。
何も起きない場合は、「コンピュータ」の「ドライブ」からおこ助Pro3ディスクを開き、
中にある「setup」をダブルクリックします。

WindowsOSの状態によって事前インストールを要求されます。

おこ助を動作させるために必要なものが足りていません。
コンポーネントのインストールダイアログ

WindowsOSの状態によって、事前に、このように動作用のライブラリーのインストール求めてくる場合があります。

OKを押すと、自動でインストールします。インストールが完了すると続いておこ助本体のインストーラーが立ち上がります。

おこ助のインストーラーが起動します

インストール ウイザードに従ってインストールを開始します。
セットアップウイザードへようこそ ダイアログ

「次へ」をクリックしてください。

PCによっては、この画面が出る前にWindowsOSがRuntime関連のプログラムをインストールしようとすることがあります。おこ助のインストールと使用に必要ですのでOKボタンを押し、インストールを許可してください。インストールが終わると、自動的にこの画面になります。

ソフトウエア使用許諾契約画面

ご使用にあたっての契約書が表示されます
ソフトウエア利用利用許諾契約書ダイアログ

確認事項やお願いが記載されていますので、よくお読みいただき、よろしければ「使用許諾契約書に同意します」のチェックボックスにチェックを入れてください。「次へ」ボタンがアクティブになりますので、クリックしてください。

インストール先を確認します

おこ助Pro3の本体一式をどこに置くかを決定します
インストール先フォルダーの選択

「おこ助Pro3」のインストール先を確認してください。特に変更がない場合は、そのままで結構です。その場合プログラムフォルダ(64ビットOSの場合はProgramFiles(x86)フォルダ)の中にインストールされます。

インストールの準備ができました!

インストールを開始しましょう
インストールの準備完了 ダイアログ

この画面が出たら、インストール作業を開始できます。問題がない場合は「インストール」ボタンをクリックしてインストールを開始してください。PCによっては、ここからしばらく時間がかかる場合がありますが、そのままお待ちください。

アカウント制御ダイアログについて

OSのセキュリティ機能が働きます
ユーザーアカウント制御

このように「次の不明な発行元からのプログラムにこの コンピュータへの変更を許可しますか?」といった警告ウインドウが表示される場合があります。これはWindowsOSのセキュリティー機能が発しているものです。

ダイアログが出ずにタスクバー上で制御アイコンが点滅しているだけこともあります。この場合、いつまでたっても先に進みませんので、タスクバー上のアイコンをクリックしてダイアログを表示させてください。

これは許可しても問題ありませんので「はい」をクリックしてください。「いいえ」を選択するとおこ助はインストールされません。

インストールが進行中です

そのままお待ちください
インストール中のダイアログ

プログレスバーが途中で止まっていても、触らずにそのままお待ちください。通常1分程度で終了します。

インストール終了

無事インストールが終わりました。
インストールが完了した際のダイアログ

「閉じる」を押すとセットアップウイザードのウインドウが閉じます。以上でインストール作業は終了しました。

PCを再起動する必要はありません。

デスクトップ上に「おこ助Pro3」のショートカットアイコンができていますので、使用の際にはそちらをダブルクリックすると起動します。