再生メディアを増やすためにWindowsに拡張のための部品を追加しましょう

mp4動画、DVDVideoといったメディアを再生させるためには、使用PCのWindowsOS自体に再生するための仕組みが必要です。さらに、そういった仕組みをOSが持っていることをおこ助が認識できると、再生が可能になります。

もし、使用したい動画や音声がおこ助で再生できないとき、PCに入っているほかのプレーヤーでは再生できているのに、おこ助では再生できない場合に、このページの記事がお役に立つかもしれません。

何をすればいいの?

通常のWindowsOSにない動画再生のための部品類をインストールします。

再生に必要な「部品」。種類を大きく分けると2つあります。
・圧縮しパッケージされている動画データを復元するために必要な、形式ごとの様々な「コーデック」
・復元した動画データを映像と音声に切り分けて送り出すための「スプリッタ」

これらをOSとおこ助がうまく使用できるようにOSに組み込みわけです。
といっても、そんなに難しいことはありませんのでご安心を。
今は、完成度の高いコーデックとスプリッタをセットにして、形式ごとの煩わしい設定を不要にした、無料の「コーデックパック」を手に入れることができますので、それを利用しましょう。あとは手順どおりにインストールするだけです。

コーデックパックを入手

K-Lite Codec Pack Standard ダウンロードページ
「K-Lite Codec Pack」を公式ページからダウンロードしましょう。

「K-Lite Codec Pack」には、いくつか種類ありますが、主におこ助での使用を目的とする場合は「standard」版が適切です。

必ずこのページのリンク先である、公式webページのStandard版ダウンロードページで、ダウンロードを行なってください。(ネット検索した場合、悪意のあるインストーラーを配布しているページにたどり着く危険性があります。)

リンク先は図のような内容のページになっています。

ページ中央のDownloadの項目、locationの下にある「Mirror 1」か「Mirror 2」リンクをクリックしてください。

ダウンロードの際は、そのまま「実行」せず、一旦保存することをお勧めします。

ダウンロードしたファイル名は「K-Lite_Codec_Pack_XXXX_Standard.exe」となっています。

コーデックパックをインストール

K-Lite Codec Pack インストーラーアイコンダウンロードしたファイルをダブルクリックするか、右クリックで「管理者として実行」を選択するとインストールが始まります。

「K-Lite Codec Pack」のインストール途中には、いくつかの選択画面がありますので、以下をご参考に進めてください。

「ffdirectShow」「Haali Media Splitter」「AC3filter」などがすでにPCにインストールされている場合、機能が競合しますので、必ず全てアンインストールを行ってPCを再起動してから「K-Lite Codec Pack」のインストールに取り掛かってください。

K-Lite Codec Pack Standard セットアップ画面1

セットアップ内容の選択
K-Lite Codec Pack インストールダイアログ1

インストーラーが起動して最初に表示される内容です。通常はNormalのまま変更する必要はありません。そのまま「Next」ボタンで先へ進みます。

K-Lite Codec Pack Standard セットアップ画面2

基本動作とインストール内容の設定
K-Lite Codec Pack インストールダイアログ2

まず、K-Lite Codec Pack の基本動作設定を行います。プルダウンメニューで、それぞれ必要な内容を選択したあと、チェックBOXを確認してください。図のような設定がもっともPCの現在の環境に影響が少ないと思われます。

「Preferred video player」でWindows Media Playerを選択すると、WindowsOS標準の動画プレイヤーでも再生できる動画フォーマットが多くなります。

Player settingでInstall MPC-HC as a secondary player にチェックを入れると、別途Media Player classicがインストールされますのでご注意ください。

Other settingの 項目は、ご使用のPCが64bit動作のものであってもチェックを入れないでください。おこ助でK-Lite Codec Packを活用できなくなります。

設定が済んだら「Next」ボタンを押して次へ進みます。

K-Lite Codec Pack Standard セットアップ画面3

動作の設定
K-Lite Codec Pack インストールダイアログ3

表示にハードウエアの機能を使用するなどのオプション設定ができます。

初期状態の「Use software decoding」のままをお勧め致します。

「Next」ボタンを押して次へ進みます。

K-Lite Codec Pack Standard セットアップ画面4

言語選択の設定
K-Lite Codec Pack インストールダイアログ4

複数の音声や字幕を含んだメディアを再生する際に、使用プレーヤーが自動でどれを選ぶかを、あらかじめ登録できるようになっています。おこ助で市販の洋画DVDなどを再生したときに、字幕や音声の自動再生選択に利用される場合があります。通常は、図のような初期状態で問題ありません。

内容を確認したら「Next」ボタンを押して、次へ進んでください。

K-Lite Codec Pack Standard セットアップ画面5

音声出力の設定
K-Lite Codec Pack インストールダイアログ5

音声再生のチャンネル数を設定します。通常、PCは2チャンネルのステレオ再生ですので、「Stereo」を選択してください。

PCからデジタル出力で外部アンプに繋げているような場合は、「Same as input」を選んだほうがよいかもしれません。

確認後「Next」ボタンを押してください。

K-Lite Codec Pack Standard セットアップ画面6

追加アドウエアの設定
K-Lite Codec Pack インストールダイアログ6

K-Lite Codec Packが無料提供となっている理由の一つにアドウエア(広告表示ツール)の同時配布を含んでいることが挙げられます。

そのまま、エンターキーを押して次へ進むと「Accept」ボタンを押したことになり、広告表示兼セキュリティツールが自動的にインストールされます。これは悪意のあるものではありませんが、それによりPCが予期せぬ動作を行うようになる可能性がないとは言えません。また、使用しているインターネットブラウザのホームページ設定が強制的に「Bing」の検索を含んだページに変更されてしまいます。

それらを回避したい場合は、右下の「Decline」ボタンをクリックしてください。

K-Lite Codec Pack Standard セットアップ画面7

インストール内容の確認
K-Lite Codec Pack インストールダイアログ7

これまで、設定した内容に基づき、インストール内容の一覧が表示されます。

確認後、変更したい点がある場合は「Back」ボタンで戻って修正します。

問題なければ「install」ボタンを押してください。インストールが始まります。

K-Lite Codec Pack Standard セットアップ画面8

インストール中
K-Lite Codec Pack インストール進行中ダイアログ

インストーラーが動作しているあいだ、図のようにプログレスバーが出て進行状況を表示されます。

何もせずにそのまま待ちます。

K-Lite Codec Pack Standard セットアップ画面9

インストール完了
K-Lite Codec Pack インストール完了ダイアログ

図のようダイアログに変わったら、インストールは無事完了です。

「Finish」ボタンを押すとダイアログが閉じます。

代わりにインターネットブラウザが開いてK-Lite Codec Packのホームページが表示されますが、必要なければそのまま閉じてください。

念のためにPCを再起動してください。

これで、おこ助でも拡張子がmp4、movなどの動画とDVDVideoが再生可能となっているはずです。

※本記事はPC上での動画再生における技術的情報のひとつをお伝えするものです。
※各ソフトウエアの動作に関しましてはおこ助のサポート外事項となりますので実行の際はすべて自己責任にてお願いいたします。
※すべてのマルチメディアファイルの再生を保証するものではありません。
※ダウンロードしたコンテンツなどをご使用の際には著作権などに十分ご配慮ください。