再生メディアを増やす拡張用ソフトウエア

mp4などの動画や音声ファイルをおこ助シリーズで再生できるようにするためには、それらをおこ助に認識させるためのフリーソフトをPCにインストールする必要があります。
DVDVideoがうまく再生できないときや、PC内のほかのプレーヤーでは再生できているメディアなのに、おこ助では再生できない場合も、こちらの方法でほとんどの場合は再生可能になります。以下の手順にてお試しください。

手順1 「ffdshow」をこちらのサイト(SourceForge)からダウンロードします。
リンク先ページ記事内にあるバージョンリストのリンクから、最新版をダウンロードしてください(ページ上部やサイドのバナーに表示されるダウンロードボタンは違うフリーソフトのものですので、ご注意ください)。
クリック後、開いたページでしばらく待つとダウンロードのダイアログが表示されます。
これは再生のための仕組みと関連づけをPCに付加するソフトウエアです。(おこ助シリーズ側の動作に合わせる必要がありますので64ビットOSをご利用の場合も必ず32ビット版を使用する必要があります
手順2 続いて「Haali Media Splitter」を
こちらサイト(Haali Media Splitter)からダウンロードします。
リンク先ページ中央の「Download Haali Media Splitter 23062013 (direct link)」のリンクをクリックしてください。ダウンロードしたインストーラーは「MatroskaSplitter」という名前になっていますが、内容は「Haali Media Splitter」です。
こちらはmp4形式をはじめとする動画ファイルの音声を、おこ助が認識できるようにするソフトウエアです。
手順3 上記2つのソフトをインストールします
ダウンロードした各々のexeファイルをダブルクリックするとインストールが始まります。インストールでの注意事項は下記をご確認ください。
インストールが完了すると、mp4などの動画ファイル形式が再生可能になります。

「ffdirectShow」のインストール途中には、いくつかの選択画面がありますので、以下をご参考に進めてください。

ffdshowセットアップ画面1

コンポーネントの選択

この画面では、通常は選択を変更する必要はありません。そのまま「次へ」ボタンで先へ進みます。

ffdshowセットアップ画面2

追加タスクの選択

このウインドウで、右のスクロールバーを下に移動させながら、中程にある「mpeg2」の項目を探します。

ffdshowセットアップ画面3

追加タスクの選択

「mpeg2」の項目に、図のようにチェックを入れたあと、下の「次へ」ボタンを押します。そのほかは基本的にそのままで問題ありません。「mpeg1」はチェックを入れないでください。

ffdshowセットアップ画面4

スピーカーの設定

最後に音声の再生状況を選択します。ヘッドフォン再生であっても通常はそのままの「2.0ステレオ」を選択します。

「次へ」ボタンを押したあと、インストーラーの指示に従ってインストールを完了させてください。

「Haali Media Splitter」のインストールでの、選択画面は、以下をご参考に進めてください。

「Haali Media Splitter」セットアップ画面1

ショートカットの作成

この画面では、スタートメニューへの登録を行います。必要がなければ、左側のチェクボックスにチェックを入れて「Next」ボタンを押してください。

「Haali Media Splitter」セットアップ画面2

動作対象の選択
MatroskaSplitter設定

「Haali Media Splitter」が動作をサポートするメディアフォーマットを選択します。

通常は上図のようになっていますので、変更しないままで大丈夫です。不要な場合はAVIのチェックを外してください。(MPEG-PS supportにチェックを入れると正常なMPEG1動画再生ができませんのでご注意ください)

「Install」ボタンを押すとインストールが始まります。

プログレスバーが進行して「Complete」メッセージが出れば完了ですので、右下に出た「Close」ボタンを押してください。

※本記事はPC上での動画再生における技術的情報のひとつをお伝えするものです。
※各ソフトウエアの動作に関しましてはおこ助のサポート外事項となりますので実行の際はすべて自己責任にてお願いいたします。
※すべてのファイルの再生を保証するものではありません。
※ダウンロードしたコンテンツなどをご使用の際には著作権などに十分ご配慮ください。