ファイルを開いた際にエラーが発生していませんか?

WindowsUpdateによる不具合にご注意

救急おこ助

WindowsVistaおよびWindows7でこんな症状が出ていたら必ずご確認を

おこ助シリーズやおと見でおこ助ファイルを開いた際に、以下のようなエラーメッセージが出て、OKボタンを押しても押してもエラーが消えない。

強制終了しても、ファイルを開くと再び同じ症状になる。

あるいはおこ助ファイルをダブルクリックすると、おこ助が起動するとともに同じようなエラーの症状となる。

書き起こしモードでは問題ないが、字幕編集を始めようとしたら同様のエラーが出て作業ができない。

もし、あなたのおこ助がこのような症状に陥っているなら、ぜひご確認ください。

エラーの状態はこれではないですか?

フォントの描画に問題がある状態です。

---------------------------
エラーが発生しました。
アセンブリ名:OxkCore
バージョン:1.1.47.0
クラス名:OxkCore.Charactor
関数名:Draw
エラー内容:GDI+ で汎用エラーが発生しました。
---------------------------

ほかにも

クラス名に「Character」の文字が含まれたエラーが発生する。

発生理由

最近WindowsUpdateを実行していませんか

2015年5月10日ごろからMicrosoftより配布されたWindows Updateの「KB3045171」を適用すると、
一部の古いフォントがうまく制御・描画できなくなり、そのためにエラーとなります。

字幕業界でよく使用されているものの、設計が古いフォント

FA丸ゴシック系、しねきゃぷしょん などを

環境設定やファイルの個別設定で指定している場合に発生します。

対策

Microsoftの修正パッチが公開されています。

WindowsOSの修正パッチを使用する

以下リンク先(Microsoftのサイト内)で修正パッチが公開されていますので、ダウンロードした後、インストールしてください。

修正パッチ公開ページ

32ビットOSなら
「サポートされているすべての x86 ベース バージョンの Windows 7」

「サポートされているすべての x86 ベース バージョンの Windows Vista」

64ビットOSなら
「サポートされているすべての x86 ベース バージョンの Windows 7」

「サポートされているすべての x86 ベース バージョンの Windows Vista」

の各リンクからダウンロードしてください。

インストール作業を行い、PCを必ず再起動してください。

 

とりあえず、その場をしのぐ

おこ助本体をディスクトップのアイコンから起動します。

ツールメニューから環境設定(おこ助Proは設定)を開き、
表示に使用しているフォントをすべてMSゴシックなどに変更します。

OKボタンを押します。
その後、字幕ファイルを開いてください。

なお、個別ファイル設定で「どのプレーヤーにおいても〜」を選択し、その中で該当フォントを指定してしまっている場合は、環境設定でのフォント指定は無効となるため、エラーを回避することができません。作成者に変更してもらうか、該当フォントをPCから削除してからおこ助を起動してください。

古いフォントによる不具合は増える傾向

使用しているフォントを見直すことをお勧めしています

過去のWindowsUpdateで、同様の不具合が発生しています

WindowsOSでは、以前から不具合ごとに修正パッチが配布されている状況があります。

制作作業を行う場合は、なるべく最新のフォントをご利用ください。

また、Windows8以降ではこういった問題は発生していませんが、縦書き字幕表示の際に、同じく古い設計のフォントで表示が意図どおりにならない場合があります。
こちらもOSの仕様のため現在のところ対策不能の状態です。