文字起こしや字幕制作を
もっと自由に楽しく

あなたに合った作成スタイルで

「音声を文字に」もやり方は様々音声から効率よくテキストデータを作成する。
内容を全部書き起こしてから字幕作成へ。
スポッティングを進めながら書き起こしも同時に。

おこ助は、自由なやり方で音声内容のテキスト起こしから字幕制作まで行える、ほかにはないソフトウエア。

映像・音声と文字を関連づけるお仕事をするあなたを、時々の状況に応じて手助けします。

おこ助Pro3ウインドウ
書き起こし編集画面

文字起こし重視のあなたに

  • 字数カウント・タイムスタンプ機能付の大型書き起こしウインドウを使用できますので、映像や音声メディアからの大量テキスト起こし作業にしっかり対応できます。
  • 音声波形表示機能がありますので、予測がつきにくい音声状況の確認が容易です。
  • コミュニケーション支援アプリ「UDトーク」との連携が可能です。音声認識でのテキスト入力を併用することで書き起こし作業の効率化を図れます。

映像字幕・翻訳制作者のあなたに

  • ユニコード対応で、さまざまな言語を扱う制作に利用できます。
  • プロ用映像タイムコードに一致させてのテープ起こしや原稿の制作が可能です(ミリ秒 / 29.97NDF / 29.97DF / 25F / 24F / 23.976Fに対応しています)。
  • 字幕1枚ごとに作業メモ欄と原文比較欄を使用できます。訳文の比較検討や作業の申し送りなどに便利です。
  • 字幕本文をまとめて原文比較文欄へ移動またはコピーできますので、表示タイミングはそのままで内容を変えたい多言語字幕制作に活用できます。
  • 二重起動を活用してファイル間でのコピーができるうえ、複数ファイルを結合して1つのファイルにまとめることも可能ですので、複数制作者での分業にも対応できます。
映像翻訳・多言語字幕制作
字幕編集画面

情報保障字幕をサクッと …のあなたへ

  • タイミング補正つき簡単スポッティング機能を使用すれば、字幕表示タイミング作成を効率化できます(再生しながらキーを押すたび字幕表示タイミングを自動入力。個人差に応じた調整も可能)。
  • 文字色設定が可能ですので、話者によって色分けするような字幕作成に対応できます。
  • テレビ用クローズドキャプションデータのように秒以下の単位を規定値で揃える必要がある場合は、それに合わせてタイミング調整が動作するように設定できます。フリーフレームで作成したものをあとで丸めて微調整するより、確実で見やすいスポッティングが可能です。(1フレーム・10フレーム・15フレーム・1秒各単位で指定できます)。

あなたの作成スタイルに合わせて、自由にスピーディーに作業を進められる。

おこ助Pro3なら、あなたの期待に頼もしく応える相棒になれます。

自由に走り回れるおこ助

CONTACT

おこ助に関する各種お問い合わせ