おこ助Pro ver. 2.4.53 新機能と仕様変更について

書き起こしの方法が変わりました

おこ助Proのアップデータの配布を開始しました。

これまでいただいたご要望の追加を行い、新機能が追加されています。

また、このバージョンで、書き起こしモードを字幕テキスト起こしとして使用する際の使い方が大きく変わっております のでご注意ください。
主な内容は以下のとおりです。

おこ助Pro3アイコン

追加された機能

  1. 字幕の揃え方を指定できるように変更し字幕グリッドに揃え方列を追加。また字幕グリッドの行選択時に、選択行の字幕の揃え方を変更できるメニューを追加。
  2. 設定ファイルの入出力機能を追加。
  3. 字幕テキスト編集ボックスに、全てのルビを削除できるボタンとコンテキストメニューを追加。
  4. 字幕テキスト編集ボックスにおける全てのコンテキストメニューにショートカットキーを追加。
  5. 字幕グリッドのコンテキストメニューに、選択行の字幕テキストを原文テキストへ移動できるメニューを追加。
  6. 書き起こしモードのテキストボックス上部に文字数カウント用の目盛りを追加。目盛りの値変更を設定項目に追加。
  7. 映像をクリックすることで、表示中の行が表示されるようにグリッドがスクロールされる機能を追加。
  8. 起動時に、起動中であることを示すメッセージを追加。

仕様の変更

  1. 字幕行を再生位置で分割する際に、字幕テキストを1行目と2行目以降とに分割するように変更。
  2. 字幕テキスト編集ボックスにおいて、縦書きと横書きとの境界の前後両方にキャレットを停止できるように変更。
  3. おこ助ファイルごとに適用できるフォント情報のフォントサイズ比をデフォルトで7%に変更。
  4. 縦書き字幕の行内に横書き字幕を組み込めるように変更。
  5. 各グリッドのコメント列、字幕グリッドの原文テキスト列、音声ガイド台本グリッドのメモ列と台本テキスト列の編集を、テキスト編集ボックスにおいて行うように変更。
  6. Excel形式への字幕のエクスポートの際に、コメント内のタグを取り除くように変更。
  7. Excel形式からの字幕のインポートの際に、現在のタイムコードに関係なく読み込めるように変更。
  8. 字幕グリッドの原文テキスト列、音声ガイド台本グリッドのメモ列と台本テキスト列の編集を、グリッド内で行うように変更。
  9. ツールバー内、編集メニュー内の選択行の斜体/非斜体を切り替える、文字色を変更するの各メニューを、字幕グリッドが選択されているときのみ有効となるように変更。
  10. 編集メニュー内の選択範囲にルビを振るメニューを削除。
  11. Excelの入出力形式をXLSからXLSXに変更。またExcelがインストールされていない環境においてもExcel入出力ができるように変更。
  12. 書き起こしモードにおいて、連続する改行で改ページとみなすように変更。
  13. 半角カナをデフォルトで0.5文字としてカウントするように変更。
  14. メディア静止中においては、イン点の前倒し入力を解除するように変更。
  15. グリッドのコメント列の編集を、グリッド内で行うように変更。