おこ助Pro3 2017年3月版アップデータ配布中です

バージョン3.1.36リリース

おこ助Pro3 バージョン3.1.36アップデータの配信を3月5日より開始しています。

今回のアップデートでは、UDトークをはじめとする機能強化等を行いました。

おこ助Pro3を起動した際に、更新データがある旨のメッセージが表示されます。「はい」を押すことで自動的にインストーラーが起動し、最新版に更新できます。

おこ助Pro3アイコン

追加された機能

  1. 英語および韓国語でのインターフェース表示に対応しました。
  2. UDトークから出力したCSVファイルのインポートと書式変更に対応しました。
  3. 速度変更ウィンドウを開閉できるショートカットキー「K」が追加されました。
  4. Lambda形式へのインポート/エクスポートにおいて、縦書き字幕での組文字指定、ルビ位置の左右指定をはじめ、機能と互換性を強化しました。

仕様の変更

  1. メニューの「ツール」内にあった設定関連を「設定」として独立させました。
  2. インストーラを1パッケージ化しました。
  3. 内蔵のUDトーク連携モジュールを最新版に更新しました。

改善点と修正された問題

  1. 検索/置換、文字列メモリー、しおりの各ウィンドウを重複起動させようとするとエラーとなる問題を修正しました。
  2. タイム未入力の行をクリックした際に、それまで選択されていた字幕のイン点にジャンプしてしまう問題を修正しました。
  3. 映像に重ねて字幕を表示している際に音声波形表示上で字幕を選択しても字幕表示が更新されないことがある問題を修正しました。
  4. ドングルUSBメモリを認証できない状態で起動した際に、一定時間で終了してしまう問題を修正しました。
  5. その他、細かな不具合を修正しました。