おこ助Pro3 初のメジャーアップデート!

多くの機能を追加したバージョン3.1.0をリリースしました

初で待望の?メジャーアップデート版(バージョン3.1.0)を8月3日5日(水)よりリリースいたします。

このバージョンでは動作の改善および不具合の解決だけでなく、これまでいただいたご要望の中から新たな機能の追加と、より使い安くするための仕様変更を行ないました。

8月5日以降、おこ助Pro3を起動した際に、更新がある旨のメッセージが表示されます。「はい」を押すことで自動的に最新版に更新されます。

また、対応したpdfの使い方マニュアルを、5日以降本サイトよりダウンロードできるようになります。一部の操作方法が大きく変更されていますので、そちらもぜひ併せてご利用ください。

おこ助Pro3アイコン

追加された機能

  1. グラフィックイコライザ機能が追加されました。
  2. 字幕テキスト編集エリアをワンタッチで拡縮するボタンが追加されました。
  3. 文字列メモリーの操作と編集機能が追加されました。
  4. 書き起こし編集モードで、文字数超過した行の字数カウンターに背景色がつくようになりました。
  5. 字幕編集モードの字幕行に「横/縦書き、位置、揃え方」の状態をアイコンで表示する機能が追加されました。
  6. タイムコード設定に25.0fpsが追加されました。
  7. 「検索/置換」の、「エラー検索」で、1字幕の最大行数エラーを検索できるようになりました。
  8. 再生中の字幕グリッド自動スクロール化にともない、再生中に字幕グリッドを操作した場合にスクロールが自動復帰するまでの時間設定項目が追加されました。

仕様の変更

  1. 音声波形エリアの「選択ツール」と「タイムスライドツール」のアイコンが統合されました。
    「選択ツール」で、イン点/アウト点を直接ドラッグすることでタイミングの調整ができるようになりました。また、字幕上でマウス左ボタンを1秒以上長押しすることで選択字幕を移動できます。
  2. メディア再生時の字幕グリッド追従切り替えを廃止し、メディア再生中は現在字幕を字幕グリッドの中央に位置させながら自動スクロールするようになりました。
  3. 再生中でも、グリッドセル上でカーソルを送ると、その字幕行のイン点にジャンプするようになりました。

改善点と修正された問題

  1. 「作業時間をタイムシフト」において、字幕を複数選択して移動する際に、選択された先頭字幕のイン点を移動先の指定地点に合わせるように修正しました。
  2. その他の細かなバグを修正しました。