おこ助Pro3 24.0fpsフレームレートに対応しました

バージョン3.1.05アップデート配信開始します

おこ助Pro3の最新版アップデータ(バージョン3.1.05)をリリースいたしました。

動作の改善および不具合の解決を行っています。お使いの方は、ソフトウエアを起動した際に、アップデートがある旨のメッセージが表示されますので、そちらをご利用いただき、できるかぎりアップデートなさることをお勧めします。

おこ助Pro3アイコン

追加された機能

  1. タイムコード設定に24.0fpsが追加されました。
  2. Lambda形式ファイルをインポートする際に、タイムコード設定内のドロップ・ノンドロップ指定が、現在のおこ助での指定とLambda形式ファイル内で異なる場合、警告を表示するようになりました。

改善点と修正された問題

  1. Lambda形式へのエクスポートの際、斜体とルビの範囲が重なる場合にうまく変換できない問題を修正しました。
  2. 一部のDirectShowフィルタが適用されず、AC3フィルターなどがうまく機能しない問題を修正しました。
  3. 字幕テキストの編集中に音声波形表示部をクリックすると、編集中の内容がキャンセルされてしまう問題を修正しました。
  4. その他、細かな問題点の修正を行いました。