作成字幕の活用例

字幕付で動画を再生する方法

字幕を作る前からの設計も大切

おこ助Pro3で作成した字幕は、おこ助自身で再生するだけでなく、さまざまな用途に活用できます。

ネット配信動画への付与から映像への焼き付け、あるいはプロ用途まで。おこ助上で字幕が完成したら使用先に合わせたファイル形式にエクスポートしてください。

また、一言で字幕と言っても用途ごとに表示のクセがあります。おこ助で作成を始める前に利用先での表示のクセや、どこまで再現可能なのかを知っておくことも大切なんです。

ちゃんと楽しめてるかな?
YouTube

多言語自動翻訳も可能になりますので、国外への拡散にも向いています。
Youtubeは「srt」や「sami」形式の字幕ファイルをインポートすることができます。
音声内容をテキストデータとして扱うことで、表示・非表示の切替、そして50か国以上の言語への自動翻訳が可能となります。

手順1 「srt」形式、あるいは「sami」形式で出力

字幕が完成したらファイルメニューの「保存する」>「エクスポート」で「srt形式」または「sami形式」を選択し、デスクトップ等にエクスポートしてください。
手順2 Youtubeで「マイ動画」にアクセス
動画の下にあるメニューの、▼マークから「キャプションと字幕」を選択する。YouTubeの管理画面1
手順3 アップロード
「ファイルを選択」で先ほどエクスポートしたファイルを指定して、アップロードします。youtubeへアップロード

※Youtubeの基本字幕機能ではセンター合わせ表示となり、縦表示・ルビなどの字幕装飾は使用できませんので、作成時にはそれをふまえた字幕内容にする必要があります。srt形式の場合はタイミングと本文のみ。sami形式の場合はタイミング・本文・文字色・斜体が反映されます。

TMPGEnc Video Mastering Works 6
おと見プレーヤー
字幕工房
映像・放送業界での用途

CONTACT

おこ助に関する各種お問い合わせ