映像字幕をつくるときに

バリアフリー字幕制作のヒント

字幕をつくる際の基準はあるの?

真剣に書き起こし中のおこ助

「翻訳字幕」「聴覚障害者用字幕」の制作に関する公的な基準(仕様書)のようなものは、実のところ、どこにも存在しません。

各映画会社やソフトウエア会社、テレビ放送のクローズドキャプションなどは、会社ごとや制作担当ごとで独自に作成した基準と判断で運用されているというのが現状です。

この記事では、映像内容に負担をかけず、できるだけ見やすい字幕とするために必要な要素や数値を中心にしてまとめています。

テレビ放送で情報保障として使用されるクローズドキャプション的なスタイルの字幕制作の場合には様々な技術的な制限により、ここに記載された内容を適用することは難しいかもしれません。

また、字幕は映像上の表現や言葉の伝達を手助けするというコミュニケーション手段の延長上にあるものです。技術規準書や工業規格書と同じように捉えて、本内容によって良い字幕の正確な再現を期待しても決してうまくはいきません。

字幕は、その目的や本来必要なものが何なのかを制作者が理解していてこそ活きてくるものです。目的や意図を持たない、あるいは技術面だけに縛られたルールや仕様決めは、多くの場合、本当に字幕でのサポートを必要とする方々にとって不利益になることが多いことも、ご理解いただければ幸いです。

作成の骨組み

字幕の基本

一般的に、ビデオは30フレーム/1秒 映画は24コマ/1秒 で構成されています。(1フレーム=約0.03秒 1コマ=約0.04秒となります)

 翻訳字幕バリアフリー日本語字幕 テレビ放送用CC
(局により大きく異なるため
 平均的なものとして)
1行の物理的最大字数1行/10~14文字平均1行/12~16.5文字1行/15.5文字
判読のための1秒あたりの目安文字数3~4文字を基本に6〜7文字程度を目安に6〜10文字程度を目安に
1字幕の行数2行まで話者名のみの1行を加えた場合のみ3行を許容3行程度まで
表示内容の考え方要約ほぼ全内容(読み切れない場合に部分省略)ほぼ全内容(読み切れない場合に部分省略)
レイアウト表示横下中央合わせ・行頭合わせ/縦右横下中頭合わせが基本 (各行頭合わせで全体をセンターに置く)横下中頭合わせが基本 (行頭ずらしする局あり)
表示時間の最低調整単位1フレーム(コマ)1フレーム(コマ)〜5フレーム5フレーム〜1秒
イン点の取り方声やセリフ始まりの寸前声やセリフ始まりの寸前(聞こえないので、ずれは許容されるという考えは誤り)声やセリフ始まりに近い場所
アウト点の取り方声の終わりのわずかにあと読み切れることを考慮して声や音の終わりより長めに(字幕内容や映像内容によって調整)次の字幕が始まるところ
(次と間が開く場合は発言終わりの少しあと)
最短の字幕表示時間0.5秒0.5秒1秒〜2秒
最長の字幕表示時間7秒程度セリフ関連は7秒
音情報に対しては指定なし
10秒〜20秒
字幕と字幕の間隔0.1秒(2〜3フレーム)0.1秒(2〜3フレーム)なしか最短の字幕表示時間と同じだけ

文字の使用について

  • 文字カウントの基本を1文字=全角1文字 0.5文字=半角1文字とします。
  • かな、カナ:全角表記(半角カタカナは使用しない)
  • 英字、英語、英単語:半角表記(縦書きの場合は必要に応じ全角)
  • 日本国内で一般的に通用している英字略語:全角(例:DVD、CD、PHSなど)
  • 数字:1桁は全角表記、2桁以上は半角表記
  • 数字に関しての表記基準(アラビア数字か漢字数字かの判断)
    ◆慣用語句となっているものは、基本的に漢数字に。
    ◆数値、数量を表す場合はアラビア数字に(ただし縦字幕の場合、表示状況に合わせて変更する場合あり)。
    例:二人だけの世界 5名様ご案内 2011年7月 正月三が日のあいだ 四六時中 来年4月になったら
  • 再現不能になる可能性があるため、特定機種依存文字は絶対に使用しない

記号の使い方

  • 句読点は使用しない。字幕途中で読点に当たる部分は半角スペース、句点部分は全角スペースで代用する。
  • 感情表現補助記号:「?」「!」「…」を使用する。1文字は全角表記、2文字連記は半角表記とする。ただし、3文字以上連記しない(…は2文字以上連記しない)
    ひと文字使用例:「?」「!」など、各全角
    連記の使用例:「!?」「!!」など、各半角
  • 中黒「・」は半角を使用する。
  • セリフ内で、引用的部分あるいは強調として“全角ダブルクォーテーション”で括る表現を使うことができる。
  • セリフ内で作品名や商品名などの固有名詞、地名などを表す場合、「半角カギ括弧」か『全角二重カギ括弧』で括る。 ただし原則「」と『』の両方を作品内で併用混在させない。
  • 記号の文字表記注意点 :行内途中に「」記号を置いて、そのあとに文字が続く場合は半角開けて続ける。

ルビ(ふりがな)の使用について

  • ルビは常用漢字や使用する用字用語から外れる漢字、難読と思われる地名や個人名などに付ける。乱用せず、漢字をかな表記にする工夫も合わせて考える。
  • 注目させたい文字に「・」をルビとしてふる(傍点、ルビ点と呼ばれる)ことで強調とする方法があるが、ほかにも“ ”で囲ったり文字遣いを工夫することで強調、注目させる方法も合わせて考える。
  • 各話者名の最初に出てきたところ(初出話者名)には読み仮名をルビとして入れる。
内容作成の基本
漢字かな表記
音や音楽情報
その他

CONTACT

おこ助に関する各種お問い合わせ